鬼が…┌(; ̄◇ ̄)┘

Share on Facebook

毎年、必ず私の誕生日を覚えていて、プレゼントをくださる生徒さんがいらっしゃいます(#^.^#)

誕生日を覚えていてくれるだけでも嬉しいのに、大好きなコーヒー♡♡♡

左側の瓶は、マンデリンのコーヒーゼリー(๑˃̵ᴗ˂̵)

あまりに美味しそうで、すぐに冷蔵庫の中へ入れました♪

本当に嬉しい嬉しいプレゼント♪

ありがとうございますm(__)m♡

4*歳になっても、私は毎年誕生日が嬉しく(^.^)

何だか特別な日のように感じます♡

☆♪☆♪☆♪☆♪☆

発表会の曲、幼稚園の生徒さんを除き、ほとんどの生徒さんの選曲を終えて、楽譜をお渡ししております。

先週 すでに楽譜を受け取った生徒さんは、今週のレッスンでは、譜読み地獄に入りましたΣ(-᷅_-᷄๑)

皆さん、感じていらっしゃると思いますが、、

発表会の曲は「いま現在のレベルより ほんの少し背伸びをして手が届く範囲の曲」を選曲しております。

背伸びしすぎて良いことは何もない! と私は考えておりますが、現在のレベルで余裕に弾きこなせる選曲では、生徒さんのモチベーションも上がらないし、何より4カ月弱もの期間は必要ありません。

そして、これは私のずっと変わらないコンセプトなのですが…

人前で演奏をするのに、音楽を表現しないで ただ音を並べただけの仕上がりでは、こんなに長い期間をかけて勉強する意味がないのです。

そこで、選曲というものが とても難しく大切になってくる訳ですが、

私は、生徒さんが毎週、自分なりに一生懸命練習をしてきてくれることを前提に、4カ月弱の期間で仕上がるように、心がけております。

…が (((;゚Д゚)))))))

うまくいかない事も、もちろんあります★

そんな訳で、この時期、このピアノ教室では先生が「譜読み地獄の鬼」に豹変するのですが…

今週のレッスンで、発表会の曲を右手のみ ほんの少ししか譜読みしてこなかった生徒さん。

右手が難しかったので、ご自宅の練習では 左手を譜読みする元気がなくなってしまったのでしょう、

一緒に譜読みをしたら、左手は ほぼ初見で弾けてしまい、本人もビックリ!!

「なぁんだ、左手簡単だったんた!」という感じで、笑顔に。

どちらかが難しくて挫折してしまう気持ちは、よくわかります(^^;)

わかりますが!

このペースを許してしまうと、最後に苦しむのは、生徒さん自身!

今週の練習が、先週と同じにならないように…と思い、今週の分の譜読みを一緒にやっておくことにしました。

もちろん生徒さんにとっては、初見な訳です。

弾けないのは当然で、何しろ疲れる譜読み。

途中から私の言葉が脳の中に入っていかなくなっていき、まるで宇宙語を聞いているかのような表情になり、、、

こうなってしまったら、いつもならその日はもうやめておくのですが

鬼があらわれてしまい…┌(; ̄◇ ̄)┘

やり過ぎてしまいました。。。

教室を出て行く時に「あぁ、疲れた…」と “思わず” つぶやいてしまった生徒さん>_<

普段、弱音を吐かない生徒さんだけに、そのつぶやきを聞いて、かなり反省いたしました(T-T)

よく頑張ったよ!偉かったよ!!

皆さん、発表会まで 一緒に頑張りましょうね!!!