96点と70点(^^;;

Share on Facebook

1日に2回もブログを更新したことはない私ですが…

今、カプチーノでひと息ついていたら、嬉しいお知らせが届いたので、2回目の更新!

コンサートのリハーサルを兼ねて、コンクールを受けていた生徒さん。

先ほど、本選で「最優秀賞」をいただき、全国大会まで進むことが決まりました!

審査員の先生には、予選に続き「96点」という高得点をいただいたそうです。

おめでとう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

コンクールって、チャレンジしている時はなかなか結果が出なかったりもするのですが

リハーサル代わりに…と演奏したら、高評価をいただく。

「人の心を動かす音楽に、欲は必要ない!」

ということだと思います。

真摯に謙虚に、偉大な作曲家の作品をお届けする。

これに尽きますね(^-^)

そして、そんな高評価をいただいた生徒さんとはウラハラに(^^;;

先生とシューベルトの合わせを終えて、スタジオの時間が4分ほど余り

先生が「バラードの出だしを弾いてみな。出だしが難しいんだから…」と。

いつまでも弟子を心配してくださる、本当に優しい先生♡

ですが、昨夜、アナウンス原稿を作成していた寝不足がたたったのか、何だか合わせだけで、ものすごく疲労してしまった私は

「もう疲れちゃったからいいです…」

とお断りをしたのですが、先生が心配してくださるので、

「大丈夫ですよ… 頑張っていますから……」

と生意気にも強気の発言をし、出だしを弾き始めました。

なかなか良く弾けたな!

なぁんて思ったのもつかの間、出だしを弾き終えた私に 先生がひと言。

「70点、ってところだね( ̄^ ̄)」

「Σ(゚д゚lll)」

あと10日間で、「良かったよ♪」と言わせる内容に、絶対してやる〜〜っっ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

と、心に誓った今日このごろでした(T-T)