先にお詫び

Share on Facebook

皆さん、練習頑張っていますか?

昨日は、アナウンスをお願いしている方と打ち合わせをしてきました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

…なぁんてかしこまりましたが、高校時代の友人です♡

プログラムの変更用アナウンスや、曲名の読み方等、1つ1つ確認をして

「よろしくお願いします!」で打ち合わせは終了(^-^)

今回 裏方のスタッフは、高校時代の友人と先輩で、大学でもずっと一緒に勉強してきたお2人なので、何だか気持ちもホンワカとしております(*´∀`)♪

さて、タイトルの「先にお詫び」ですm(_ _)m

先月の半ばに、以前痛めた事のある右肩を、再度痛めてしまいました(T-T)

ギックリ腰…ならぬギックリ肩のような状態で、寝ても起きても痛みが走り、回復するまでに2週間を要しました( ; ; )

そして、年末年始のインフルエンザ騒動…

ギックリ肩もインフルエンザも、今は回復いたしましたので、ようやく練習は再開できるようになりましたが

人前で演奏する完成度とは ほど遠く、もう講師演奏は今回やめさせていただこうかと、病床で本気で考えておりました。

レッスンにいらした生徒さんやお母様に「もうやめようかと…」と弱音を吐きましたところ、皆さん「それは残念です」「先生の演奏、聴きたいです」と口々におっしゃってくださり…

「聴きたい!」と思ってくださる方がいるのなら、演奏家として弾かなくてはいけないのではないか と。

昨日 改めて奮起し、演奏は決行することにいたしました!!

ですが、時間的に弾き込みができなかった事はどうしようもなく、

生徒さん達が頑張っているのに恐縮ですが、講師演奏は譜面を見ながらの演奏とさせていただきたいと思いますm(_ _)m

性格的に、当日まで隠しておくと精神的負担が増しますので…

「先にお詫び」させていただきますm(_ _)m

演奏は、せめて自分の歌をお聴かせできるよう、最後まで諦めずに練習していきます(^-^)