保護者の立場で…

Share on Facebook

昨日、娘のピアノ教室の発表会がありました(^-^)♪

以前より、息子は違うお教室でピアノを習っておりましたので、保護者の立場で発表会を迎えた事は、幾度となくあったのですが…

今回イヤというほどわかりましたが、息子は自立していて メンタルも強く、全てをきちんと自分なりにこなしていたようです。

さてさて、うちの娘。

練習は、むしろ息子よりも真面目に一生懸命!                                                                       私の言う事も良く聞くし、私と一緒によく練習もするし!!

片手練習から、指のトレーニングから、地道にコツコツこなしていたので、とても良く弾けるようにはなっていたのですが…

1週間くらい前になったら、突然指が動かなくなり、泣き出し、怯えだしΣ(゚д゚lll)

…何とメンタルの弱いことでしょう^^;

そんな娘を、サポートし、自信をつけさせ、励ましながらの1週間。

結局、本番の出番直前まで励まし続け^^;

演奏は、練習どおりに落ちついて 本人も満足いくような演奏になり、無事に終えることができましたヽ(;▽;)ノ

達成感と満足感で嬉しそうな娘をみて、

「練習頑張った甲斐があったね♡」

…と、一緒に幸せな気持ちになると同時に

「親としての、メンタルサポートって、何て大変なのかしら(゚o゚;;」と。 

息子の時には、一切感じた事のない疲労感でいっぱいになりました~_~;

指導する側が、指導することに専念できるのは、保護者の皆様がお子様のメンタル面をサポートしてくださるからこそ…と痛感!

生徒さんのお母様から、サポートの大変さをお聞きすることはありましたし、私も私なりに息子のサポートをしていたつもりではありましたので、理解しているつもりではいたのですが…

息子だけだったら気がつけずに終わってしまったかもしれない、本当の意味での保護者の立場の大変さを知ることができた、貴重な体験になりました。

それと同時に

私の発表会前のレッスンは、一切の妥協をしないので、本当の本当に保護者の皆様は大変なんだろうな、、、

そんなことを感じながら、生徒さんのお母様・お父様に、心からの感謝を覚えた瞬間でしたm(_ _)m♪