感情の説明

Share on Facebook

今日は、何だかすごい雨です。

湿度も高い日が増えてきましたね…

もうすぐ梅雨ですね。

最近のレッスン報告 PART 4 !!!

ほとんどの生徒さん達は、譜読みを終えて、さらに音の出し方や組み立て方、フレーズの歌い方など、内容の濃いレッスンになって参りました。

弾けるようになってくると、指を回すことや、とりあえず曲を通せる喜びが優ってきてしまい、「ただ弾く」という演奏をしてしまう生徒さんも増えてきてしまいます。

そこで、その曲の響きや和声の動きによって、どのような感情が生まれてくるのか、あなたはどのように感じるのか、またはこの曲のストーリーなどを考えてみよう!と尋ねてみるのですが…

大人はこれまでの人生経験から、憧れや切望、切なさや諦め、または諦めきれない悔しさや熱い想いまで、感情の引き出しは山のようにあるわけですが、

幼稚園生や小学生に、この感情を説明するのが なかなかに難しい!

そこで、生徒さん達に

「大好きなのに手に入らない物(できない事)がそこにあるの。○○ちゃんの場合は、やりたい事、手に入らない物、何かなぁ?」

と尋ねてまわりました(^-^)

幼稚園生の生徒さんは、

「怪獣の上に乗って、走り回る!やりたい!!でも怪獣がいない〜!!!」

「じゃあ、怪獣に乗ってる自分を想像してみて!楽しい♪嬉しい♡ イェ〜イ って感じが ここのフレーズだよ!」

と説明したら、ウキウキ感満載の元気な演奏に(((o(*゚▽゚*)o)))♡

小学生の生徒さんは、

「ケーキ!ケーキ!! モンブランの乗ってるケーキ食べたい♡ でも太っちゃうから〜」

「そのケーキの味と食べてる自分を想像してみて!あぁ美味しい、幸せ〜♪ がここの響き! でも、ケーキは今ないの。あぁ食べたいなぁ〜 が、ここのフレーズだね!」

なぁんて説明してみたら、ものすごく美しい歌と響きで、思わず感動するほど素敵に弾いてくれました(((o(*゚▽゚*)o)))♡

中学生になると、顔面蒼白するような絶望的な出来事は

「スマホが壊れた!!:;(∩´﹏`∩);:」

なのだそうです。

確かに… 絶望的ですね(°_°)

中には、

「ケーキも焼肉もスマホも別に…」

なぁんて生徒さんもいて頭を抱えましたが(^^;

最近のレッスンを通して、人間の感情は、人生経験の長さには比例しないということが良くわかりました。

中には、言葉で説明をしなくても、フレーズや和声を聴いただけで感情豊かに演奏してしまう生徒さんもいるのですが、

実は色々感じてはいるんだけど、音楽と結びついていない生徒さんがたくさんいるのではないでしょうか。

才能や能力 という言葉で片付けてしまわないで、心の奥底に眠っている能力や感情を表に引き出してあげられたら!

自分の心にウソをつかないで、みんなが素直に自分を表現してあげたら!!

どれほど素敵な演奏になるでしょうか(๑˃̵ᴗ˂̵)

私にとっても、実り多いレッスンになっております(^-^)