レッスン報告 PART 3

Share on Facebook

…少し間が空いてしまいました!

昨日のレッスンで、譜読みが最後まで終わった生徒さんが2名もでました(#^.^#)

早くから曲をあげた生徒さんの中には 譜読みを終えた方もおりますが、ひと月前に曲をあげた小学生の中では 第1号です(๑˃̵ᴗ˂̵)

よく頑張りましたね!

発表会の曲になると、難しい曲なのに譜読みはどんどん進むから不思議です(^^;

やはり人間「本人のやる気」なくしては、何事も成就しません。

譜読みが終わったので、次は 音色・フレーズ・音楽的な内容を演奏で表現していけるように勉強していきますよ!

この先は、楽しく高度なレッスン内容になりますので、しっかりついてきてくださいネ♡

さて、今回の発表会には、前回参加なさらなかった大人の生徒さんも演奏いたします。

「60の手習いで…」と、1年半ほど前から習い始めたこちらの生徒さん。

ピアノを演奏することこそ初心者なのですが、声楽歴は長く、更に 国内外を問わず、年間にコンサートに足を運ぶ回数はハンパではありません。

常に一流のピアニスト達のコンサートを耳にし、批評もバンバンしているこちらの生徒さんですが、ご自身が弾くとなると、それはそれは大変なご様子…

「ゆっくりと、はい!指の根元を動かして…」とレッスンしていると、「んっっ⁈」とか「あああぁぁァァ……」といった声が聞こえはじめ

「あぁ、先生!!脳が誤作動するんですよ〜〜(;´Д`A」…と楽しそうに話してくださいます(^.^)

こちらの生徒さんは、日本人離れした感覚と生き方をなさっているかた。

実は頭脳明晰、立派なお仕事を現役でされていて、のんびりやることなく過ごしている方ではありません。

ヨーロッパに行ったら、普通のマダムなのかもしれませんが、日本ではかなり魅力的な発想の持ち主で、とにかく面白い!

「変わってるなぁ〜」とレッスンの度に思いますが、私は そういう自分の世界観のある方が大好きです(๑˃̵ᴗ˂̵)

前回の発表会には参加してくださらなかったので、舞台でどういう演奏をしてくれるのかは未知数なのですが…

この方なら、何かまた驚かせてくれるのではないかと、期待しております(^.^)♪

ちなみに、発表会までの間に 2回もヨーロッパにコンサートを聴きに行かれるそうですよ!

羨ましぃ〜〜〜(*´◒`*)

ヨーロッパでも、ピアノを借りて練習するようにΣ(-᷅_-᷄๑)

と、お伝えしておきました!

歳を重ねても こういう風に生きている方がいらっしゃると、今から50代、60代に突入する私のような世代には 嬉しいですね♪

彼女は、生涯の独身だったり、お子さんがいらっしゃらなかったり、また親の介護等の心配もない という方ではないのです。

自分の人生を謳歌する!

人それぞれ謳歌の仕方は違うと思いますが、自分が「満足して生きている!」と感じられること。

何より素敵ですね(o^^o)